宮本昌幸の撮影日誌

北海道在住(芽室町)の写真家 宮本昌幸の活動情報や日々の雑感を掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シンガポール撮影のお誘いpart2

 大都会シンガポールというイメージはまさにその通りで、様々な巨大建物が並ぶSFのような都市であるにも関わらず、人工的に手入れされた南国の花が咲き乱れる大きなガーデンから、30年、40年前にタイムスリップした感覚になる自然豊かな場所まで、実に豊かで興味深い国です。
そして、街の中の野外テーブルで食事をしているとナンヨウショウビンが街灯にとまり、
隅々まで充実していて利便性の高いバスを利用し探鳥地のバス停を降りると、まさにすぐ真上でアオショウビンが
囀っていたりと、面積的には小さく観光立国としてアミューズメント性の高い施設が多い場所にも関わらず野鳥の
宝庫と言っても良いでしょう。逆に、そういう場所だからこそジャングルでは葉の影や見上げるほどの高さを利用する鳥などもシンガポールでは見つけやすいとも言えるかと思います。さらに個人的感覚では、鳥との距離が非常に近いです。
 ポイントを知らなくともある程度観れる場所ではありますが、夏と冬と訪れ隅々まで一通りチェックして、個体数の少ない種でも見れる可能性があるところを掴めました。
シンガポールは雨季は2月ごろまで、そして夏場はインドネシアなどの焼畑によるヘイズと呼ばれる煙害が昨今は
非常に問題となっているため、ご希望者があればちょうどその間でかつ南から北へと渡りの時期に通過する可能性のある種も多い、4月上旬ごろに再訪を考えています。
もしご同行を希望される方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
ご注意頂きたいのはツアーではありませんので、手配はご自分でしていただくこととなりますが、手配の情報提供などのお手伝いはさせていただきます。
詳細は、下記ホームページ内で提示のいずれかの手段でご連絡ください。
ご連絡手段

シンガポール20160066
アオショウビン

20160111-_MG_4642.jpg
コウライウグイス

20160111-_21A0669.jpg
キバラタイヨウチョウ

20160110-_21A9524.jpg
マレーモリフクロウ

シンガポール20160058
シロハラウミワシ
  1. 2016/01/20(水) 11:43:03|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。