宮本昌幸の撮影日誌

北海道在住(芽室町)の写真家 宮本昌幸の活動情報や日々の雑感を掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

掲載誌

公益財団法人 日本野鳥の会(Wild Bird Society of Japan) 会誌「野鳥」表紙に
ゴジュウカラの写真を提供させていただいております。

余談ですが、今回の表紙カットはキャノンEOS-7DmarkⅡ,EF100-400mm f4.5-5.6L IS Ⅱ USMの
組み合わせで撮影しています。もちろん全部自分で買った物ですが、この組み合わせで600mm相当になるため
森歩きや海外の撮影などでとても重宝しています。
レンズはズームですがそれぞれの領域で開放から文句なしのシャープさを出してくれます。コントラストは
キヤノン独特の強さがあるため多少パソコンで補正を加えています。
一方ボディの7DmarkⅡは、AFのレスポンスも良く1DXに比べて優に軽いため持ち歩きに最適です。
画像の質とノイズ感はAPS-Cの流れを汲んでいるため多少ノイズ感はありますが、
私たちプロが通常使用する範囲の大きさであれば十分なスペックとクオリティです。
おそらく仮にとんでもなく大きく伸ばすことがあっても今の技術なら相当のクオリティで製作出来ることでしょう。
会誌野鳥の印刷は光村印刷株式会社さんが請けられています。
当方の写真も時々社内会報誌などでもご使用いただいておりますが、
デジタル技術にしっかりと対応した素晴らしい色とディテールを常に出してくださるため、
安心してデータをお預け出来る印刷会社さんです。
今回の表紙採用のゴジュウカラですが、比較的どこでも数多く見られる一番身近な野鳥のひとつだと思いますが、
黒い過眼線(目のあたりのライン)に埋もれがちな黒っぽい瞳の輝きも、羽毛の細かいディテールもしっかりと
再現されてますので、機会があったら手にとってご覧くださいませ。

cov1512.jpg
EOS-7DmarkⅡ,EF100-400mm f4.5-5.6L IS Ⅱ USM 開放
  1. 2015/12/03(木) 09:32:25|
  2. 掲載誌情報・受賞告知・宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。