宮本昌幸の撮影日誌

北海道在住(芽室町)の写真家 宮本昌幸の活動情報や日々の雑感を掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シジュウカラガン

十数年ほど前の十勝では、ガンといえばマガンよりもオオヒシクイがその大半を占めていた。
その中で稀にハクガンやシジュウカラガン、ハイイロガンなどが混ざっており、
遥か彼方の群れの中から1羽ないし数羽の彼らを探し出すのは非常に難しかった。
あれから自分の中ではそれほど時間が過ぎたとは思えないのだが、気づけば十勝のガンの様相も
すっかり変わり、マガンがかなりの数を占めるようになり、ハクガンも200羽ほどで
しっかりとした群れを形成するようになり、そしてシジュウカラガンにおいては
1000羽に迫る数に一気に急増している。保護増殖プロジェクトの成果が功を奏し、彼らの個体数回復の
大きな足がかりとなっているのは間違いない。
そんなシジュウカラガンが、雪で覆われた大地の中で僅かな数だけが残っていた。
何気無く見ていたが、どうやら一亜種のヒメシジュウカラガンと思われる個体も混ざっていた。

_MG_8981.jpg
シジュウカラガンとヒメシジュウカラガン
CANON EOS-5Ds,EF 600mm f4 IS Ⅱ USM
  1. 2015/12/02(水) 21:52:56|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。