宮本昌幸の撮影日誌

北海道在住(芽室町)の写真家 宮本昌幸の活動情報や日々の雑感を掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

功罪

09-08higuma.jpg


 今日の新聞に、知床半島先端部付近でトレッカーのテントに

クマが進入し食料を奪わるという事態が発生したため、

立ち入りの自粛を強く呼びかけたという記事が載っていた。

北海道新聞のWeb記事


私は自然の営みを狙う写真家だ。創り出す物が上手かろうがそうでなかろうが、

そうありたいと思っている。

自然と向かい合う時、クマに限らず一歩間違うと命に関わる危険は常に満ち溢れている。

だが、大小の危険に関わらず危うさが全く無いところに、果たして真の美しさとは

存在するのだろうか。

生き物達は、自らの存在に明日が来るかわからない厳しい自然界で、

今を必死に生き、命を輝かしている。

そのような相手に、こちらも必死で挑まなければ姿さえなかなか見せてくれない。

自己責任でやる。少し前までそんなことを考えていた。

しかし、それはただ単に自分の身勝手でしかなく、自然界との一線を越えた時に

起きる事故によって、捜索に関わる人々、対応に追われる人々、同じく自然と向き合い、

勇気ある自制心により事故を避けてきた人々、

そして一番不幸なのはその当事者となってしまった動物など

あまりにも多くの人が絡むことを教えられた。

自己責任という格好の良い言葉では何も解決しない。特にこの日本では・・・。

今回は幸い人的被害に及ばなかったが、これをわが身のこととして、

もう一度危険と回避について思い直した次第だ。

(ヒグマ)
Canon EOS5Dmark2&EF500mm

よか調子で上昇中!上に行けば行くほど多くの方の目に触れると思うので、
みなさまの“1ポチッ”でこのブログを広めてください(^^)
人気ブログランキングへ



テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/29(火) 18:51:31|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<王者の視線 | ホーム | mori no naka>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/09/23(月) 00:06:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/09/15(日) 04:01:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/08/17(土) 02:44:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/08/16(金) 21:00:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/04/10(水) 21:00:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

なおなお さん
コメントありがとうございます。この問題に関しては、何が正しくて何が悪いかは
答えの出ない問題だと思います。ですが、
自分が正しいと思うことを行動で貫くことが良いのでしょうかね。

リンクありがとうざいます。こちらもリンクしておきますね。
  1. 2009/09/30(水) 22:07:41 |
  2. URL |
  3. Far North #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
私もカメラが大好きになってから 自然ってなんだ?人間ってなんなんだ??と考えることが多くなりました。

もともと動物の生活圏に人間がお邪魔しているのに、クマが出たら射殺。どこかから連れてきて繁殖してしまった動物も見つけたら処分・・・。
人間は自然の前では無力ですが、とても凶暴な生き物です。

知床のクマさんも、人間の食べ物がおいしいって知らなかったら どんなによかったことでしょう。

とても考えさせられるいい記事をありがとうございます。

私のブログにリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか・・・。
突然、差し出がましいお願いで、申し訳ありません(*_ _)
  1. 2009/09/30(水) 13:27:35 |
  2. URL |
  3. なおなお #5UYpC0RE
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

べる~が さん
おそらく、その悩みは生きてる限り続くものだと思います。
でも、死ぬことが良い訳ではありません。私達は、否応無く人間という存在なので、
生きて様々な方法で意見を表してこそ自分の意見を貫けます。
たとえ意見の相違が生じたとしても努力次第で修正できるチャンスがあります。
残念ながら動物と関わって死ぬと言うことは、残るものにはとても辛い結果が待つだけです。
  1. 2009/09/29(火) 20:51:20 |
  2. URL |
  3. Far North #-
  4. [ 編集]

結局の所人間が自然に入り込んでいるだけなのに、
動物の事故があるとすぐに射殺・・・・・・・

こういうことには納得できないです・・・・。

よくかわってるな~っと言われるんですが、
死ぬなら動物に関わって死にたいです^^;
  1. 2009/09/29(火) 19:02:45 |
  2. URL |
  3. べる〜が #NkOZRVVI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://farnorth.blog88.fc2.com/tb.php/158-a2dcd992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。