宮本昌幸の撮影日誌

北海道在住(芽室町)の写真家 宮本昌幸の活動情報や日々の雑感を掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天の川

09-10-21091b-Edit.jpg
クリックすると大きくなります

 北海道に来て驚いたことの一つに、星の多さを目の当たりにしたことだ。

あまりに星が多すぎ、星座が分らなくなるほどだった。

本州にいる頃は、まだ開発途上の片田舎に住んでおり、夜は結構暗く、

たまにキツネやタヌキが歩いていたが、北海道の暗さは半端ではない。

 そんな暗い闇が存在する北海道なので、こちらに来て、かれこれ10数年が経つが、

いまだに夜の山に1人で入るのは結構ビビっている。

まず、夏場だとヌエと呼ばれる声。。。実は、この正体はトラツグミ

だったのだが、未だにあの寂しげな声が鳥のさえずりだとは思えない。

 そして、クマ。北海道なら当たり前にクマがいると思われがちだが、

決してそうではなく、クマを実際に見たことがある人のほうが圧倒的に

少ないはずだ。クマだって人間に会いたくない。

でも、クマの存在があるというだけで、夜1人でいると少しばかり謙虚になり、

少しばかりワクワクもする。

そして夜の森にはまだまだ不思議が沢山あるのだが、その正体が

コウモリであったりフクロウであったりというのは、またいずれ。


天の川が流れる空に、流れ星ひとつ。

(星空)
Canon EOS5Dmark2&EF16-35mm

トップテン落ちた!!なかなか厳しいね~(ToT)
みなさまの“1ポチッ”でこのブログを広めてください(^^)
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/21(水) 18:43:08|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。