宮本昌幸の撮影日誌

北海道在住(芽室町)の写真家 宮本昌幸の活動情報や日々の雑感を掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1秒間に何回羽ばたく?

09-10ohishi.jpg

今、メインに使っているカメラはキャノンの5Dmark2だ。

このカメラは切れ味が実に良い。うまくはまれば、こちらが意図する絵を

遺憾なく創りだしてくれる。データ量はかなり多いが、気に入っている。

このカメラは1秒間に約4コマシャッターが切れる。2000万画素を越えていて、

4コマも切れるのだから、何とも大したものだと思うのだが、

鳥に関しては変にはまるときがある。

例えば、ガンの飛翔。

昔は左目が利き目だったこともあり、ファインダーを覗いているときは

周りの状況が全然分らなかったが、これは訓練してクリアした。

 実際の彼らの羽ばたきを左目で見ながら、格好よく羽を上げるタイミングで

シャッターを切るのだが、ホンの少しの時間差からか

7,8枚連射した結果、すべてこの羽が下向きということが少なくない。

どうやら彼らの1回の羽ばたきと、1回のシャッターのタイミングがばっちし合っている

ようである。つまり、この間にもう1コマ、要するに1秒間に8回シャッターを切れれば、

ちょうど交互に撮れるのかもしれないが、果たしてどうだろうか。

今月7Dという機種が発売された。たまたま野鳥写真家 戸塚 学さんが使っているのを

先日覗かせてもらった。1秒間に8コマとは、やはり軽快な動きの上、ファインダーの見やすさも

向上しておりなかなか好印象を受けた。

でも・・・、とりあえず7Dはスルーして、近々発表されるであろう

後継機に期待してみようと思っている。

だってどう考えてもそんなに先立つもの無いし(笑 

いつでもご寄付は受け付けておりますよ(^^; 

まぁ、それは冗談として、見た目以上に素早い動きの野生動物を撮影するのに、

ある程度の連射機能はあって損はないと思う。


 そういえば、オオハクチョウが渡ってきていた。

久々に聞く彼らの声は良い音色だった。

あなたの“1ぽちっ”でベスト5へ!
みなさまの“1ポチッ”でこのブログを広めてください(^^)
人気ブログランキングへ

(オオヒシクイ/オオハクチョウ)
Canon 5Dmark2 & EF500mm
09-10oohaku.jpg
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/13(火) 17:30:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。