宮本昌幸の撮影日誌

北海道在住(芽室町)の写真家 宮本昌幸の活動情報や日々の雑感を掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

距離感

015.jpg

 古い写真を引っ張り出してきた。

これは子供達に動物のスライドショーを見せてあげる機会があったときに、

ぜひ見てもらいたいと思って用意した一枚だ。

本来、野生動物と人とは適度な距離感があるべきであり、直接触ったりすることだけが

生き物との触れ合いでは決してない。

万が一、野生動物と接触しなくてはならない時は、相手も逃れようと必死になるだけに、

こちらも必死にならなければならない。

鳥といえども、例えばオオワシなどの鋭い爪で掴まれたら二度と離さないだろうし、

下手すれば大量出血でこちらの命を奪われる場合だってありうる。

そこまで行かなくても、様々な意味合いでもある程度のリスクはつき物だ。


 そんな野生動物だが、ふとっその距離感が狭まる時がある。

勿論そんな機会は滅多にはないが、こちらがその空気の中に混ざり合えば、

なぜか生き物から寄って来る。いや、ただ彼らの普段の生活に立ち会うだけの

ことなのかもしれない。

特に野生動物でも、子供達は人間と一緒で、好奇心が旺盛でめい一杯遊び、よく食べる。

そして寝る。。。

カメラを構える私が、何ら危険でないと相手が悟った時、

ハヤブサの寝息が聞こえそうなほど近くで過ごしたある日の夕暮れだった。

子供達には、野生動物と同じ時間を刻むことができる、

そんな瞬間があることを知ってもらえればと思った。

(ハヤブサ)
Canon EOS1Dmark2&EF500mm

ここから上位は相当きびしぃぞぅ
みなさまの“1ポチッ”でこのブログを広めてください(^^)
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/12(月) 18:42:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。